ちょっと、コイコイ!

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

夫婦90歳過ぎたおじいちゃんの話です。
そのおじいちゃんは、ご夫婦で施設に入居されておりましたが、奥さんがガンで先に亡くなられ今はひとりで過ごされています。奥さんが一緒だった時は認知症もそこまでは酷くなかったのですが、亡くなられたのをきっかけに認知症が一気に進んでしまい、物忘れがひどくなり、さらには車イス生活になってしまったのです。でも食事は一人で食べることができ、しかもとっても食通でした。

そんなおじいちゃんのクセはスタッフと目があった時には手招きをして「ちょっとコイコイ」とするのです。行ってみると、「こっちさ、こー回って行くったい」といつもいる場所から施設内のリビングへと移動するのが好きでした。ですので、いつもスタッフが呼ばれると、車いすでリビングへ移動するというのがお決まりになっていたのです。

そんなある日のことです。いきなり「おーい、誰かおらんかのー??」と大声を出して言うので、私が駆け寄ってみると、「ばあさんトコに行く!!」と言われました。突然どうしたのかな?と思い「どこに行けばいいの??」と聞いてみると、いつものように「あっちさ回って、こー行くったい!!」と言われるので、いつものようにリビングを移動することにしました。

しかし、その日はいつもと違いました。
ある部屋で「止まってくれ!」というのです。そこはおじいちゃんのお部屋の前でした。「ここに入ろう」と言うので部屋の中に入ってみると、タンスの上には亡くなった奥さんの写真があり、横には花が飾られています。息子さん夫婦が来られた時にお父さんが寂しくないようにと、仏壇代わりに作られた物でした。

 

「あの前に連れてってくれ!」とおじいちゃんはタンスの前を指さしました。連れて行くと、おじいちゃんは静かに写真に向かって手を合わせ「俺より先にいってからになぁ」と小さな声でつぶやきました。

今までは「ばあさんはどこや?」と聞いていて、奥さんが亡くなったことを忘れてしまっていたのですが、その日は分かっていたようです。それ以来、ときどき「あっちさ行こう」と言っていつものリビングではなく、おじいちゃんの部屋にいって手を合わせる日もあります。

なんだか、夫婦の絆っていいなと思いました。


関連記事

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

no image

レビー小体型認知症のおばあちゃん

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。 今回はレビー小体

記事を読む

はちみつのビン

はちみつで認知症の介護を決意

祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

記事を読む

5月兜とこいのぼり

認知症になって兜を作り始めたおじいさん

我が家には女の子しかいませんが、五月の節句の兜が二つあります。と、言ってもデパートで売っている高額な

記事を読む

おば夫婦

お父さんいかないで・・・

私の母方のおばについての話です。 おばは長年パートで飲食店で働いており、朝、息子さんのお弁当を

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

畑 トマト

認知症の伯父と結婚早々同居

三歳年下の従妹と一緒にいると心が和みます。 小さい頃から明るくて歌が好きでマイペース。親に怒ら

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の怖さ

92歳のおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやら

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑