レビー小体型認知症のおばあちゃん

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード , ,

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。
今回はレビー小体型のおばあちゃんについてお話ししたいと思います。は、その方は70歳過ぎのおばあちゃんで、発症して15年経ちますが、見た目は普通のおばあちゃんです。レビー小体型認知症というのは、アルツハイマーの物忘れなどの症状もありますが、パーキンソン病の運動障害のような症状も出ることがあります。おばあちゃんの場合は、押し車で歩行してましたが、踏み出す一歩がなかなか出ないようでした。

さらにレビー小体型認知症には幻聴、幻覚といった症状もあるのです。悪化すると、次第に寝たきりになる怖い病気です。そのおばあちゃんは15年経ちますが、寝たきりとは縁遠いほど元気で、他の入居さんの気遣いまで出来る方です。時折、幻覚が見えるようで、「あそこに知らない人がいて私をずっと見ているのよね」と言われることがありました。

ある日のことです。その日は調子が悪いようで、足取りも思うようにいかなくて、なかなか歩けませんでした。自分でも「今日はなぜかしらねぇ、うまくいかないわぁ」と言っていました。その時です、幻覚が見えたようで、「あそこにお父さんが立っているわ。なぜかしらねぇ、あの人亡くなったのになぜいるのかしら?迎えにでも来たのかしら?」というのです。そこには誰もいません。

話を聞いてみると、亡くなったのは確かなので、分かっているけど、そこにいるのよと。きっと、迎えに来たのではなく、心配で来られたのかもしれませんね。と声掛けすると、段々落着きはじめ、「そうねぇ、あの人昔から心配性だったから」と笑ってくれたのです。そしていつものおばあちゃんに戻りました。


関連記事

おばあちゃんと孫

いったんは見放されてしまったものの・・・

65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリア

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

おば夫婦

お父さんいかないで・・・

私の母方のおばについての話です。 おばは長年パートで飲食店で働いており、朝、息子さんのお弁当を

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

畑 トマト

認知症の伯父と結婚早々同居

三歳年下の従妹と一緒にいると心が和みます。 小さい頃から明るくて歌が好きでマイペース。親に怒ら

記事を読む

たばこ

タバコはないかのー

施設に入居してきた71歳の男性の話です。近所に家があり、徘徊をされるため入居に至りました。 入

記事を読む

運動会球ころがし

認知症のおばあさんが孫の運動会を応援

台風で一日延期になった小学生の娘達の運動会。一年間楽しみに待っているのは子どもたちだけではないようで

記事を読む

きのこときのこご飯

きのこ狩りをやめて認知症になった祖母

田舎に住む90歳を過ぎた祖母は多くのものを私たち孫に与えてくれました。 小学校の夏休みは1ヶ月

記事を読む

5月兜とこいのぼり

認知症になって兜を作り始めたおじいさん

我が家には女の子しかいませんが、五月の節句の兜が二つあります。と、言ってもデパートで売っている高額な

記事を読む

はちみつのビン

はちみつで認知症の介護を決意

祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑