ある日突然に出来事

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

}70歳過ぎのおばあちゃんが入所してきました。軽いアルツハイマーで足腰もお年のわりには元気で、食事の後の片づけを手伝ってくれて、トイレも自分で行けるようなとても大丈夫な方でした。

ある日の私の夜勤の時のお話です。忘れもしませんそれは夜中2時過ぎの事でした。突然ドスンッと大きな物音がしました。物音のした方に行ってみると、おばあちゃんが、ベッドのすぐ下で座っていました。

すぐに駆け寄ると、「トイレに行こうとしたら、足を滑らしてしまって、しりもちついてしまって」と言うのです。嫌な予感がしました。「動けますか?」とたずねると、上半身は動けますが、下半身は動かせないというのです。
すぐに他の夜勤スタッフに伝え、夜中でしたが上司に連絡を取り救急車を呼びました。結果は大腿部骨折でした。高齢者での大腿部骨折は、車イス生活や、寝たきりへの一歩にもつながります。

私は、自分を責めました。見回りしていたのに、見守りでいいと気のゆるみがあったんだと、自分を責めながら仕事をしていました。そのおばあちゃんは入院をし、骨折を治してから施設に戻ってきました。私は会うのがとても怖かったです。すると、おばあちゃんが私のところに来てこう言ったのです。「あなただったわね、私がこけた時に駆け寄ってくれたのは。すぐに来てくれて嬉しかったわ、ありがとう。」

私の事を覚えていてくれてたのです。「ごめんなさい、私がもっとちゃんとしていれば。」というと、おばあちゃんは「あなたは自分を責める必要はないわ、ちゃんとやってくれたわよ。私、歩けるように頑張るから!」と言ってくれたのです。

その後、毎日毎日リハビリを繰り返して、日にちはかかりましたがなんと歩けるようになったのです。初めておばあちゃんが立って歩いたのを見たとき、感動して、泣いてしまいました。


関連記事

おじいちゃん歩く

おーい!おーい!

私はグループホームで働いているのですが、ある日90歳になるおじいちゃんが入所してきました。 そのお

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

畑 トマト

認知症の伯父と結婚早々同居

三歳年下の従妹と一緒にいると心が和みます。 小さい頃から明るくて歌が好きでマイペース。親に怒ら

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

おばあちゃんと孫

いったんは見放されてしまったものの・・・

65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリア

記事を読む

おばあちゃんの手

手をぎゅっと握りかえしてくれたおば

【第6話】で登場したおばのその後についての話です。 息子さん夫婦はおばが原因ではないようですが、不

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

はちみつのビン

はちみつで認知症の介護を決意

祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

記事を読む

no image

初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。 そのおばあち

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑