昼夜逆転のおばあちゃん

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード

まもなく90歳になろうかというおばあちゃんの話です。

そのおばあちゃんは要介護も高く、車イス生活で生活全般において介護が必要です。そのおばあちゃんは入所当初から、昼夜逆転で昼間は寝ていることが多く、逆に夜中は元気になり大声を出したり、時にはオムツをはずして放尿してしまうといった、いわゆる手のかかるおばあちゃんです。

そんなおばあちゃんのところには、ほぼ毎日のように義理の弟さんのお嫁さんが施設に来てはオムツを持ってきたり、好きな食べ物を持ってきたりしていました。おばあちゃん本人というと、ちゃんとお嫁さんのことを理解している時もありますが、ちゃんと分からない時もあります。
分かってる時は「○○ちゃん、いつもありがとね」と言ってくれるので嬉しいとお嫁さんは喜んでいました。しかし、引き続き昼夜逆転は続いていたため、大声を出して他の入居者さんも起きる時もあるので問題でした。

ある夜勤の時、オムツを外しはじめたため、トイレに「行ってみますか?」というと、「行ってみよう」と言ったので、トイレに連れて行ってみると、ちゃんとすることができました。そしてその後オムツをつけたら、外さなくなったのです。
おばあちゃんは畳に布団を敷いて寝ていたので、横になっていただき添い寝をしてみることにしました。そうすると、初めはひとりごとを言ってたんですが、だんだん眠たくなってスヤスヤ寝息を立て始めたのです。夜中1時過ぎてましたが、ぐっすり眠っていました。

次の日は初めてみんなで朝食をとることが出来ました。おばあちゃんは寂しかったんですかね。私が夜勤の時は添い寝をして、オムツをはずしはじめたら、トイレに誘導していると、叫んだりは無くなりました。少しずつ寝てくれる日も多くなりました。昼夜逆転も少なくなり、普段の生活に一歩でも近づけるよう日々頑張っています。


関連記事

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

no image

レビー小体型認知症のおばあちゃん

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。 今回はレビー小体

記事を読む

おばあちゃんと孫

いったんは見放されてしまったものの・・・

65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリア

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の怖さ

92歳のおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやら

記事を読む

おば夫婦

お父さんいかないで・・・

私の母方のおばについての話です。 おばは長年パートで飲食店で働いており、朝、息子さんのお弁当を

記事を読む

no image

ある日突然に出来事

}70歳過ぎのおばあちゃんが入所してきました。軽いアルツハイマーで足腰もお年のわりには元気で、食事の

記事を読む

no image

初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。 そのおばあち

記事を読む

はちみつのビン

はちみつで認知症の介護を決意

祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

掃除ほうき

認知症になったお隣のおじいちゃん

長年自治会長を務められたとお聞きしましたから人望と責任感がある方だったのだと思います。お隣の

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑