いつも無口なおばあちゃんが

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。
ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助していました。そのおばあちゃんは、認知症になってからは、ほとんど言葉も発さず無表情でした。

一つすごいなぁって思ったのが、おばあちゃんは箸使いがとてもうまいのです。いつも食事は箸を使って食べるのですが、一粒ずつ、つまんでは口へ運ぶのです。自力で摂取は出来るんですね。しかし、それでは食事に時間がかかってしまい、ご本人さんも疲れて最後の方は寝てしまうので、途中からは介助していました。

そんなおばあちゃんには二人の娘さんがいて、次女さんがいつもオムツがなくなる頃にオムツを持って施設に来てくれます。そうすると、普段は無表情なおばあちゃんが笑顔になり、何を言っているのかは分かりませんが、「ん~っ」と言葉を発したのです。スタッフみんなで振り返って見るほどでした。それからはスタッフもより声掛けをするようになり、笑顔を見せてくれるようになりました。

ある日、施設みんなでお出かけをする日があり、そのおばあちゃんも行く予定でしたが、排便が4日できておらず前日に下剤を飲んでいたので、あぁ、これは出かけ中に下痢をしそうだな、とみんなで話していました。
そんな時です。いつも無口なおばあちゃんが、「ん~っ、ん~っ」というのです。もしかして!?と試しにトイレに座らして、おなかをマッサージすると、チャポンと下痢ではなく普通の便が出たのです。この施設に来て初めてです。

いつも下痢で大変だったろうに、その日は普通の人と変わらない排便ができ、しかも、便意があると伝えてくれたんですね。スタッフみんなで嬉しかったのを覚えています。


関連記事

畑 トマト

認知症の伯父と結婚早々同居

三歳年下の従妹と一緒にいると心が和みます。 小さい頃から明るくて歌が好きでマイペース。親に怒ら

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の怖さ

92歳のおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやら

記事を読む

no image

昼夜逆転のおばあちゃん

まもなく90歳になろうかというおばあちゃんの話です。 そのおばあちゃんは要介護も高く、車イス生

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

手をつなぐ

二人の夫婦愛に感動

私が勤めていた、グループホームには様々な入居さんがいらっしゃいました。 その一人の女性についてのお

記事を読む

きのこときのこご飯

きのこ狩りをやめて認知症になった祖母

田舎に住む90歳を過ぎた祖母は多くのものを私たち孫に与えてくれました。 小学校の夏休みは1ヶ月

記事を読む

ピアノの鍵盤アップ

老人ホームでのあたたかな時間

娘は歌の教室に通っています。通い始めてずいぶん経ちますが、年に数度の発表会以外に日頃の成果を披露する

記事を読む

no image

ある日突然に出来事

}70歳過ぎのおばあちゃんが入所してきました。軽いアルツハイマーで足腰もお年のわりには元気で、食事の

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑