アルツハイマー型認知症の怖さ

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード , ,

92歳のおじいちゃんの話です。
そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやられた地元では有名なおじいちゃんでした。引退後は余生を送っていたのですが、今まで忙しかった反動で認知症を発症したとのことでした。

施設に入ったことで環境の変化もあったのか、家にいた時より症状が酷くなりました。徘徊もひどくなりところ構わず排泄をしたり、他の入居者さんの部屋に入ったりしていました。女性が多い階だったため、他の入居者さんは怖がっていました。

ある日いつものように徘徊をしていると、他の入居さんに注意され、それで怒りに火がついたようでそばにあったものを投げつけてきました。さすがに、それはいけないことだと私たちも注意すると、なんと、消火器を振り回してきたのです。みんなの安全を守るために家族と話し合い、薬が合うまで入院しましょうとなったのです。

半年くらい入院したでしょうか、落ち着いたとのことで施設に帰ってきました。
顔は一変して無表情になり暴れなくなりましたが、パーキンソンの様に運動障害が出ており、車イス生活になっていました。私たちは、少しでも昔のいい所を取り戻そうと家族と協力して日々リハビリを開始しました。

そんなある日です、昼食を食べている時「あ~あれが、た、食べたい」とゆっくりおっしゃったのです。すぐに、それを口に入れて差し上げると「うまい」と一言。しゃべったぁ!!ついに話せたのです。それからは単語ですが、言葉が出るようになりました。今では暴力的なところもなく、車イス生活ではありますが、以前の入所したての頃のおじいちゃんに戻りつつあります。

アルツハイマーの怖さも知りましたが、ちゃんと対応をすれば、結果はついてくると実感した瞬間でした。


関連記事

夫婦で食事

ちょっと、コイコイ!

90歳過ぎたおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは、ご夫婦で施設に入居されておりましたが、奥さ

記事を読む

no image

初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。 そのおばあち

記事を読む

no image

昼夜逆転のおばあちゃん

まもなく90歳になろうかというおばあちゃんの話です。 そのおばあちゃんは要介護も高く、車イス生

記事を読む

おじいちゃんおばあちゃんとまご

よい町の条件。介護施設のある町

自分の子育てに余裕が出てきたのを期に、仕事を始めるママ友が多いです。 特に介護施設。介護施設で

記事を読む

掃除ほうき

認知症になったお隣のおじいちゃん

長年自治会長を務められたとお聞きしましたから人望と責任感がある方だったのだと思います。お隣の

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

手をつなぐ

二人の夫婦愛に感動

私が勤めていた、グループホームには様々な入居さんがいらっしゃいました。 その一人の女性についてのお

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

おば夫婦

お父さんいかないで・・・

私の母方のおばについての話です。 おばは長年パートで飲食店で働いており、朝、息子さんのお弁当を

記事を読む

たばこ

タバコはないかのー

施設に入居してきた71歳の男性の話です。近所に家があり、徘徊をされるため入居に至りました。 入

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑