初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。

そのおばあちゃんは要介護も重く、大声で叫んでるのが第一印象でした。

施設で働き始めるとまずは「皆さんに挨拶していきましょう」と先輩に言われ、1人ずつ声掛けをしていきました。

その方と挨拶した時は、最初は怖がられて、「ギャーギャー」と大きな声を出されました。

初日からこんな感じで私は勤められるのかなと不安にもなりました。

日々施設にも慣れていき、おばあちゃんともあいさつ程度はできるようになりました。

 

ある日そのおばあちゃんに息子さん家族が会いに来られました。

おばあちゃんは最初、「怖い怖い!」と言っていましたが、思い出したようで「○○かぁ、よぉきたねぇ」と息子さんの名前を呼んだのです。

そして、息子さんもそれに対して「おばあちゃん、分かるんかぁ。ほらっ、孫の△△も連れてきたよ」と声をかけました。

「おばあちゃん!」とお孫さんが抱き着くと、普段なら暴れだすおばあちゃんですが、よしよしと頭を撫でているではありませんか。

私はその方の優しい姿を初めてみたので、これが本当の姿なんだなぁと感じました。

ご家族が帰られる際、泣きながら「また来るんだよぉ」というので、本当に認知症なのかな?と不思議に思えていました。

また、ある時の夜勤明けの日、私は普段みなさんに声をかけてから帰るのですが、その時に、「あなたがいなくなるのは寂しい。また来てちょうだいね」と泣いていたのです。

私は手を握って、また来ますから安心してくださいね。というと、「よかった。またね」と笑顔で送ってくださいました。私が初めて接した認知症の方でした。


関連記事

no image

ある日突然に出来事

}70歳過ぎのおばあちゃんが入所してきました。軽いアルツハイマーで足腰もお年のわりには元気で、食事の

記事を読む

おばあちゃんの手

手をぎゅっと握りかえしてくれたおば

【第6話】で登場したおばのその後についての話です。 息子さん夫婦はおばが原因ではないようですが、不

記事を読む

5月兜とこいのぼり

認知症になって兜を作り始めたおじいさん

我が家には女の子しかいませんが、五月の節句の兜が二つあります。と、言ってもデパートで売っている高額な

記事を読む

掃除ほうき

認知症になったお隣のおじいちゃん

長年自治会長を務められたとお聞きしましたから人望と責任感がある方だったのだと思います。お隣の

記事を読む

手をつなぐ

二人の夫婦愛に感動

私が勤めていた、グループホームには様々な入居さんがいらっしゃいました。 その一人の女性についてのお

記事を読む

ピアノの鍵盤アップ

老人ホームでのあたたかな時間

娘は歌の教室に通っています。通い始めてずいぶん経ちますが、年に数度の発表会以外に日頃の成果を披露する

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

夫婦で食事

ちょっと、コイコイ!

90歳過ぎたおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは、ご夫婦で施設に入居されておりましたが、奥さ

記事を読む

no image

レビー小体型認知症のおばあちゃん

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。 今回はレビー小体

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑