初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。

そのおばあちゃんは要介護も重く、大声で叫んでるのが第一印象でした。

施設で働き始めるとまずは「皆さんに挨拶していきましょう」と先輩に言われ、1人ずつ声掛けをしていきました。

その方と挨拶した時は、最初は怖がられて、「ギャーギャー」と大きな声を出されました。

初日からこんな感じで私は勤められるのかなと不安にもなりました。

日々施設にも慣れていき、おばあちゃんともあいさつ程度はできるようになりました。

 

ある日そのおばあちゃんに息子さん家族が会いに来られました。

おばあちゃんは最初、「怖い怖い!」と言っていましたが、思い出したようで「○○かぁ、よぉきたねぇ」と息子さんの名前を呼んだのです。

そして、息子さんもそれに対して「おばあちゃん、分かるんかぁ。ほらっ、孫の△△も連れてきたよ」と声をかけました。

「おばあちゃん!」とお孫さんが抱き着くと、普段なら暴れだすおばあちゃんですが、よしよしと頭を撫でているではありませんか。

私はその方の優しい姿を初めてみたので、これが本当の姿なんだなぁと感じました。

ご家族が帰られる際、泣きながら「また来るんだよぉ」というので、本当に認知症なのかな?と不思議に思えていました。

また、ある時の夜勤明けの日、私は普段みなさんに声をかけてから帰るのですが、その時に、「あなたがいなくなるのは寂しい。また来てちょうだいね」と泣いていたのです。

私は手を握って、また来ますから安心してくださいね。というと、「よかった。またね」と笑顔で送ってくださいました。私が初めて接した認知症の方でした。


関連記事

おばあちゃんと孫

いったんは見放されてしまったものの・・・

65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリア

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

夫婦で食事

ちょっと、コイコイ!

90歳過ぎたおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは、ご夫婦で施設に入居されておりましたが、奥さ

記事を読む

おじいちゃん歩く

おーい!おーい!

私はグループホームで働いているのですが、ある日90歳になるおじいちゃんが入所してきました。 そのお

記事を読む

運動会球ころがし

認知症のおばあさんが孫の運動会を応援

台風で一日延期になった小学生の娘達の運動会。一年間楽しみに待っているのは子どもたちだけではないようで

記事を読む

手をつなぐ

二人の夫婦愛に感動

私が勤めていた、グループホームには様々な入居さんがいらっしゃいました。 その一人の女性についてのお

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

おば夫婦

お父さんいかないで・・・

私の母方のおばについての話です。 おばは長年パートで飲食店で働いており、朝、息子さんのお弁当を

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑