認知症お世話になった方々

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

認知症 郵便局大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさんは局長さんでした。

局長自ら私を連れて局内の挨拶回りにつき合ってくださり、和やかな雰囲気のもとで仕事をさせていただきました。

ランチには近所のそば屋やトンカツ屋に誘ってくれたり、時には接客の心得や仕事態度を指導してくれたり、社会人の世界を垣間見せてくださいました。

とても優しく部下に慕われていた姿は数十年経った今でもはっきり覚えています。

 

そのおじさんが認知症になり、また体調がかなり悪いと聞いたのは今年の春頃です。

私の実家近くにお住まいですから私が結婚して十年、お会いしていません。

実は私の結婚式にもご招待したのですが外出が困難なほど体調が悪く欠席なさいました。

奥様の方も私が幼稚園からの知り合いです。

洋服の仕立て屋さんをしており、何枚もオーダーメイドの服を作ってくれました。

扱う生地はすべて美しく背の低い私に合わせて工夫を凝らした仕立てをしてもらい、今も大事に愛用しています。

 

ある日母が、電話で「ご夫婦が引っ越すことになったそうよ」と寂しそうに報告してくれました。

母もこちらのご夫婦とたいへん懇意にしていました。

むしろおばさんとは親友のように会えば楽しくおしゃべりをしていましたから、かなりのショックだったと思います。

娘さんが嫁いだ海のある土地へ移住するとのこと。空気もきれいで町ものんびりしているので、老後はそこで過ごすと決めたらしいのです。

冗談を言いながら顔を真っ赤にして大笑いしていたおじさんと、私の体をてきぱきと採寸していたおばさん。私の人生で忘れられないお二人です。

どうかお体大切に、楽しく暮らしていただきたいです。


関連記事

たばこ

タバコはないかのー

施設に入居してきた71歳の男性の話です。近所に家があり、徘徊をされるため入居に至りました。 入

記事を読む

掃除ほうき

認知症になったお隣のおじいちゃん

長年自治会長を務められたとお聞きしましたから人望と責任感がある方だったのだと思います。お隣の

記事を読む

手をつなぐ

二人の夫婦愛に感動

私が勤めていた、グループホームには様々な入居さんがいらっしゃいました。 その一人の女性についてのお

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

おじいちゃん歩く

おーい!おーい!

私はグループホームで働いているのですが、ある日90歳になるおじいちゃんが入所してきました。 そのお

記事を読む

no image

レビー小体型認知症のおばあちゃん

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。 今回はレビー小体

記事を読む

おばあちゃんの手

手をぎゅっと握りかえしてくれたおば

【第6話】で登場したおばのその後についての話です。 息子さん夫婦はおばが原因ではないようですが、不

記事を読む

きのこときのこご飯

きのこ狩りをやめて認知症になった祖母

田舎に住む90歳を過ぎた祖母は多くのものを私たち孫に与えてくれました。 小学校の夏休みは1ヶ月

記事を読む

ピアノの鍵盤アップ

老人ホームでのあたたかな時間

娘は歌の教室に通っています。通い始めてずいぶん経ちますが、年に数度の発表会以外に日頃の成果を披露する

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑