はちみつで認知症の介護を決意

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

はちみつ 介護祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

初めの頃は認知症の症状が出ない日も多く、穏やかに新聞を読んだり近所を散歩したり、好きな相撲をテレビ観戦したりと思いのままに過ごしていました。

当時私は受験生でしたから祖父は遠慮している様子でした。居間でおおっぴらにくつろぐよりは、自分の寝室でのんびりしていることが大半だったように思います。

もちろん最初はお風呂も一人で入れました。しかし認知症が進むと体がふらついて危険なため、父が帰るのを待って母も加わり二人掛かりで入浴をさせていました。

受験とはいえ、最も大仕事である入浴をなぜ手伝ってあげなかったのだろうと悔やんでいます。

今なら迷わず手を差し伸ばすのに、勉強を理由に夕飯の用意ができるまで二階から降りて来ませんでした。

私たちをとがめるどころか、子どもたちには負担をかけまいと両親は力を合わせて認知症の祖父を介護していたのだと思います。今さらながら頭が下がります。

でも昼間は私の出番もありました。朝食後、父は勤めへ。母も何かと用事で出かけていましたので日中は認知症の祖父と二人になることがよくありました。

規則正しく食べるよう声をかけ、なるべく大勢で食事をするよう心がけていましたが、祖父はだんだん3度の食事が分からなくなっていました。

認知症の患者が食事をしたばかりなのに食べ物を要求するようになると目を離さないよう注意しなければなりません。

幸い私は受験生で家にいることが多く、祖父を見守る役目もしていたのです。

これは認知症ではよく見られる症状で、物忘れがひどくなり空腹感や満腹感をつかさどる中枢神経の異常と言われていますが、異常と言うよりは子どもに返ったように見えたのは私だけでしょうか。

目を盗んではちみつをなめている祖父を見付けた時は、

「こら、だめよ!」

と言いながら笑ってしまいました。

はちみつだか水あめだかを内緒で食べる一休さんのお話を思い出したからです。

そのことを母に話したら大笑いしました。父に話したらあきれながらも祖父には何も言いませんでした。

その一件から家族一同、改めて覚悟を決めたように思います。はちみつは我が家の認知症介護のキーワードになりました。

子どもに返ったと思えばいいのよ、と。


関連記事

たばこ

タバコはないかのー

施設に入居してきた71歳の男性の話です。近所に家があり、徘徊をされるため入居に至りました。 入

記事を読む

おじいちゃんおばあちゃんとまご

よい町の条件。介護施設のある町

自分の子育てに余裕が出てきたのを期に、仕事を始めるママ友が多いです。 特に介護施設。介護施設で

記事を読む

運動会球ころがし

認知症のおばあさんが孫の運動会を応援

台風で一日延期になった小学生の娘達の運動会。一年間楽しみに待っているのは子どもたちだけではないようで

記事を読む

おばあちゃんの手

手をぎゅっと握りかえしてくれたおば

【第6話】で登場したおばのその後についての話です。 息子さん夫婦はおばが原因ではないようですが、不

記事を読む

畑 トマト

認知症の伯父と結婚早々同居

三歳年下の従妹と一緒にいると心が和みます。 小さい頃から明るくて歌が好きでマイペース。親に怒ら

記事を読む

no image

昼夜逆転のおばあちゃん

まもなく90歳になろうかというおばあちゃんの話です。 そのおばあちゃんは要介護も高く、車イス生

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の怖さ

92歳のおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやら

記事を読む

no image

レビー小体型認知症のおばあちゃん

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。 今回はレビー小体

記事を読む

no image

ある日突然に出来事

}70歳過ぎのおばあちゃんが入所してきました。軽いアルツハイマーで足腰もお年のわりには元気で、食事の

記事を読む

お風呂

施設のお母さん

75歳のおばあちゃんのお話です。 おばあちゃんは施設が出来て最初から入居していて要介護も低かったの

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑