よい町の条件。介護施設のある町

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

介護 人々自分の子育てに余裕が出てきたのを期に、仕事を始めるママ友が多いです。

特に介護施設。介護施設での食事の調理、掃除、看護師の資格を活かして訪問介護など活躍の場はさまざまのようです。

私の住む町は最寄り駅から徒歩15分くらい。静かな住宅街です。

昔ながらのお宅と新しい住宅が混在する風景が広がっています。つまり高齢者の方と若いファミリーのどちらも多く暮らしているのです。

公園ではゲートボールをするお年寄りがいるかと思えば、砂場には育児サークルで集まった赤ちゃんと若いお母さんたち。学校が終われば小学生が集まり、休日は野球やサッカー教室で人があふれます。

マンションやビルが少なく、一方で緑が多いため老後や子育てにはとてもいい環境ではないでしょうか。

だから人気があるのだと思います。ここ数年宅地があれば次々と家が建っています。裏山を崩して何十軒もの家が建った時は驚きましたが、それだけ移り住みたい人がいるということでしょう。

もう一つ、増えている建物があります。

介護施設です。住宅の中にさりげなく建っていたり、その裏山の自然を活かしていたり、私がこちらに越して来てから10年余り経ちますが、思い当たるだけで8カ所ほど。

そういえばデイサービスやリハビリテーションのワゴン車、訪問・入浴介護のロゴをつけた乗用車を近所でよく見かけます。

介護施設が多いのですから知り合いが働いていて当然ですね。

介護施設は家とも学校とも公園ともコンビニともしっくり馴染んでいて特別なものとは思えません。認知症であった祖父を介護していた20数年前とはずいぶん時代は変わりました。

毎朝決まった時間にみかけるお年寄りが乗ったワゴン車に、幼稚園の娘たちは手を振るのが日課でしたし。

介護するご家族が安心して無理なく生活できる町、若い人にとっても魅力的に見えるのではないでしょうか。そのような町がこれから増えていくことを願っています。


関連記事

5月兜とこいのぼり

認知症になって兜を作り始めたおじいさん

我が家には女の子しかいませんが、五月の節句の兜が二つあります。と、言ってもデパートで売っている高額な

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

no image

初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。 そのおばあち

記事を読む

no image

レビー小体型認知症のおばあちゃん

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。 今回はレビー小体

記事を読む

はちみつのビン

はちみつで認知症の介護を決意

祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

記事を読む

きのこときのこご飯

きのこ狩りをやめて認知症になった祖母

田舎に住む90歳を過ぎた祖母は多くのものを私たち孫に与えてくれました。 小学校の夏休みは1ヶ月

記事を読む

no image

昼夜逆転のおばあちゃん

まもなく90歳になろうかというおばあちゃんの話です。 そのおばあちゃんは要介護も高く、車イス生

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑