老人ホームでのあたたかな時間

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード

老人ホーム ピアノ娘は歌の教室に通っています。通い始めてずいぶん経ちますが、年に数度の発表会以外に日頃の成果を披露する場がいくつかあります。

町のお祭りや学校の文化祭、小さなコンサートのゲスト出演や時には子供用のCDのレコーディングもします。

付き添う私も楽しく見守らせてもらっています。娘を通していろいろな社会との関わりを持てて指導してくださる先生方、主催者側にイベントのたびに感謝してしまいます。

その中でも印象に残る活動がありました。老人ホームへの慰問です。

娘も私も老人ホームの施設内に入る経験などありませんでしたから、はじめはとても新鮮な気持ちだったのを覚えています。

みんなで到着するとスタッフの方々は温かく笑顔で迎えてくださいました。

確か雨が降っていて外は寒く、薄暗い日でしたのでその温かさは身にしみました。

控え室で最後の打ち合わせとリハーサルを終え、いざ広間へ行くと、たくさんのおじいちゃん、おばあちゃんたちが拍手で歓迎してくれました。

歌う子どもたちはいつもと違う雰囲気に少々緊張しているようでしたが、壇上に2列で並び滑らかにスタート。

子どもらしい大きな声で歌いました。

馴染みのある歌、懐かしい歌。数曲披露しました。

先生はご高齢の方にも歌えるような曲を選曲し、みなさんも歌うよう促します。

音楽の力はすごいです。みなさんは子どもたちの声に集中して耳を傾けてくれますし、知っている曲では自然と手拍子が起こります。

さらに気分がのってくると体を左右に動かして本当に楽しそう。一番後ろの席で全体を見渡していた私は会場の一体感をひしひしと感じました。

窓の外は雨で寒々しいのに歌声があふれたここは別世界。歌を習わせていてよかったなあと思えたひと時でした。


関連記事

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

はちみつのビン

はちみつで認知症の介護を決意

祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

記事を読む

おばあちゃんの手

手をぎゅっと握りかえしてくれたおば

【第6話】で登場したおばのその後についての話です。 息子さん夫婦はおばが原因ではないようですが、不

記事を読む

夫婦で食事

ちょっと、コイコイ!

90歳過ぎたおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは、ご夫婦で施設に入居されておりましたが、奥さ

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の怖さ

92歳のおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやら

記事を読む

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

おばあちゃんと孫

いったんは見放されてしまったものの・・・

65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリア

記事を読む

no image

初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。 そのおばあち

記事を読む

おば夫婦

お父さんいかないで・・・

私の母方のおばについての話です。 おばは長年パートで飲食店で働いており、朝、息子さんのお弁当を

記事を読む

お風呂

施設のお母さん

75歳のおばあちゃんのお話です。 おばあちゃんは施設が出来て最初から入居していて要介護も低かったの

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑