認知症のおばあさんが孫の運動会を応援

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 みんなに聞いてほしい介護エピソード ,

認知症 運動会台風で一日延期になった小学生の娘達の運動会。一年間楽しみに待っているのは子どもたちだけではないようです。

朝、校門に入るや幼稚園から一緒のお友達のお母さんが私を見付けて声をかけてくれました。今年もご主人の両親のために特等席を取ったとのこと。とても嬉しそうな顔でした。

「すごい!今年も!」

確かそのご両親は遠くに住んでいるのですが、運動会は必ず観戦しにいらしていました。おばあさまの足の具合が悪いと以前話していたので心配していましたが、どうやらお元気のようでした。

この『特等席』とは保護者の間で言っている言葉です。朝礼台側の来賓客テント横にある保護者用のスペース。校庭全体が見渡せるので観戦には絶好の場所です。

その場所を取るために並々ならぬ競争があるのは知っていますが、我が家は座って観戦するタイプではないのであまり関心がありません。

でもゆっくり応援したいならぜひ押さえておきたいところでしょう。

恐る恐るゲットした経緯を訪ねると、なんと朝の4時半から並んだとのこと。またまた驚きです。

そのパワーはどこから来るのかと彼女に聞けば、やはりおばあさまの喜ぶ顔が見たいからだそうです。

連れあいのおじいさまが説明するには、最近のおばあさまは毎日が単調で張り合いがないため、認知症になってしまい、かなり症状の進行が早く家族の顔も忘れてしまうことがあるとのことでした。

ただ運動会開催日はカレンダーに書き留めてあるらしく、電話するごとに話題になっていたのは事実。

それなら今年は特に気合いを入れてとらなければと友人は感じたようです。

一年に一度のワクワク・ドキドキ刺激になるイベントは、ベストポジションで見せてあげたい。

親孝行だなあとつくづく感じました。

おばあさまは認知症がかなり進行しているので、当然お孫さんのことも忘れているだろうと思っていたようなのです。

しかし、いざ運動会が始まると、お孫さんの顔だけはしっかり覚えていて、ずっと大声でお孫さんの名前を呼んで応援されていました。

認知症であったとしても、大好きなお孫さんだからこそ、強い想いがあって覚えていらっしゃるのだと感じました。


関連記事

ピアノの鍵盤アップ

老人ホームでのあたたかな時間

娘は歌の教室に通っています。通い始めてずいぶん経ちますが、年に数度の発表会以外に日頃の成果を披露する

記事を読む

畑 トマト

認知症の伯父と結婚早々同居

三歳年下の従妹と一緒にいると心が和みます。 小さい頃から明るくて歌が好きでマイペース。親に怒ら

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

たばこ

タバコはないかのー

施設に入居してきた71歳の男性の話です。近所に家があり、徘徊をされるため入居に至りました。 入

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

夫婦で食事

ちょっと、コイコイ!

90歳過ぎたおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは、ご夫婦で施設に入居されておりましたが、奥さ

記事を読む

おばあちゃんと孫

いったんは見放されてしまったものの・・・

65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリア

記事を読む

5月兜とこいのぼり

認知症になって兜を作り始めたおじいさん

我が家には女の子しかいませんが、五月の節句の兜が二つあります。と、言ってもデパートで売っている高額な

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の怖さ

92歳のおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやら

記事を読む

no image

ある日突然に出来事

}70歳過ぎのおばあちゃんが入所してきました。軽いアルツハイマーで足腰もお年のわりには元気で、食事の

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑