二人の夫婦愛に感動

手をつなぐ私が勤めていた、グループホームには様々な入居さんがいらっしゃいました。
その一人の女性についてのお話です。その方は、65歳になる方で、50歳後半からアルツハイマーになったそうです。
いわゆる、若年性アルツハイマーですね。その女性は大学の先生をなさっていたそうで、娘さんの独り立ちを機に症状が出始めたそうです。

初めは気のせいだろうと思っていた旦那さんも症状がひどくなるにつれ、これは手に負えないと私の勤めているグループホームに入居となったわけです。
普通は入居されると、あまり会いに来られない家族も多い中、旦那さんは施設が家からわりかし近いこともあってかほぼ毎日会いに来られていました。

施設に来ては、旦那さんは自分なりに調べたリハビリをしたり、普段は車イスなのですが、一日中車イスではお尻が痛いだろうとソファに座らせ隣に座り一緒にのんびりくつろいだりと、ゆったりとした時間を過ごしていました。

そんなある日です。旦那さんが用事で夕方からしか来れない日がありました。
普段は、昼前から来て、旦那さんはお弁当を持参して一緒に食べるのですが、旦那さんも大学の先生をしているので、授業の都合上夕方になることもありました。

その日の昼食、一人では食べれないため、介助に私が入ったのですが、突然泣き出したのです。
私じゃ嫌だったのかな?と思いつつ声掛けすると、「○○さんがいないわ」と旦那さんの名前を言ったのです。しかも、普段声も出さない女性が言ったのです。
夕方その事を旦那さんに伝えると、今までの事が無駄ではなかったんですね。と泣いて喜んでました。

それから、その方は旦那さんと単語ですが会話するときもあったり、後ろから人の支えはもちろん必要ですが、リハビリのおかげで足が動き、少しだけ歩けるようになりました。二人の第二の人生を楽しんでいるようでした。


関連記事

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

おばあちゃんと孫

いったんは見放されてしまったものの・・・

65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリア

記事を読む

no image

レビー小体型認知症のおばあちゃん

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。 今回はレビー小体

記事を読む

お風呂

施設のお母さん

75歳のおばあちゃんのお話です。 おばあちゃんは施設が出来て最初から入居していて要介護も低かったの

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

きのこときのこご飯

きのこ狩りをやめて認知症になった祖母

田舎に住む90歳を過ぎた祖母は多くのものを私たち孫に与えてくれました。 小学校の夏休みは1ヶ月

記事を読む

おばあちゃんの手

手をぎゅっと握りかえしてくれたおば

【第6話】で登場したおばのその後についての話です。 息子さん夫婦はおばが原因ではないようですが、不

記事を読む

no image

ある日突然に出来事

}70歳過ぎのおばあちゃんが入所してきました。軽いアルツハイマーで足腰もお年のわりには元気で、食事の

記事を読む

no image

初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。 そのおばあち

記事を読む

no image

昼夜逆転のおばあちゃん

まもなく90歳になろうかというおばあちゃんの話です。 そのおばあちゃんは要介護も高く、車イス生

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑