タバコはないかのー

たばこ
施設に入居してきた71歳の男性の話です。近所に家があり、徘徊をされるため入居に至りました。
入居してからも、リビングや他入居者さんの部屋に入って行きそうになったりと、いわゆる、問題行動はありました。
しかも、紙パンツをしているのですが、尿意はあるので、したい!って思ったらところかまわず、立小便をしてしまうのです。
紙オムツにもしているので、紙オムツは外せないのですが、尿意があるってことは大事なことです。

私たちは、動きを観察し、どうも、徘徊しているのは、トイレを探している兆候だと分かりました。
そんな時は直接「トイレに行きましょう」とは言わず「散歩でも行きましょう」と誘うのです。そして、トイレに連れて行き、「行く前に小便でもしときましょうかぁ」と言うと、最初は失敗もありましたが、段々成功数が増えていき、立小便がなくなったのです。

ほっとしたのもつかの間、今度はタバコはないのか?と一日中言い始めました。どうやら、家では愛煙家だったよう。
しかし施設では吸えません。「今日はもうタバコ売り切れたんよぉ」というと、「そうかぁ、、悲しいのぉ」と言ってがっかりするんですね。
そんな男性を元気にさせるのは戦時中の話でした。子供の時の話、軍隊に行った話、ちゃんと聞いてあげると、段々タバコも忘れ、落ち着いてくれるんです。

そしてそんな男性が大好きだった歌は「岸壁の母」という戦争の歌でした。そのイントロを聞くだけで泣いてしまうその男性はとてもかわいかったです。認知症の方の徘徊は確かに家族にとっては問題の一つです。しかし、本人には理由があり行動しているのです。それに寄り添うことが大事だと思います。


関連記事

掃除ほうき

認知症になったお隣のおじいちゃん

長年自治会長を務められたとお聞きしましたから人望と責任感がある方だったのだと思います。お隣の

記事を読む

no image

ある日突然に出来事

}70歳過ぎのおばあちゃんが入所してきました。軽いアルツハイマーで足腰もお年のわりには元気で、食事の

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の怖さ

92歳のおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやら

記事を読む

おばあちゃんの手

手をぎゅっと握りかえしてくれたおば

【第6話】で登場したおばのその後についての話です。 息子さん夫婦はおばが原因ではないようですが、不

記事を読む

おじいちゃんおばあちゃんとまご

よい町の条件。介護施設のある町

自分の子育てに余裕が出てきたのを期に、仕事を始めるママ友が多いです。 特に介護施設。介護施設で

記事を読む

おばあちゃんと孫

いったんは見放されてしまったものの・・・

65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリア

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

ところてんの看板

90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早

記事を読む

お風呂

施設のお母さん

75歳のおばあちゃんのお話です。 おばあちゃんは施設が出来て最初から入居していて要介護も低かったの

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑