90歳までところてんを作っていたおじいちゃん

ところてん
知り合いのおじいちゃんの話です。そのおじいちゃんは90過ぎまでひとり暮らしをしており、一人で朝早くから、ところてんを作り、バイクで売りにいていました。

その手作りのところてんはとても美味しく、お客さんにも評判とのことでした。
そんなある日、そのおじいちゃんが倒れてしまいました。

病名は、大腸がんでした。
腫瘍を切り取り、その日から人工肛門(消化管ストーマ、または消化管ストマ)の生活になりました。
その病気をきっかけにところてん屋さんを辞め、そのころから認知症の症状が出始めました。近くに孫さんがいたのですが、おじいちゃんの方が「まだ俺は元気だ!」と、同居を拒みました。

息子さん夫婦は転勤が多い為、県外に住んでおり、中々会えないのですが時々手紙をくれると言って見せてくれました。
段々認知症の症状が進み、早朝から近所を徘徊するようになりました。近所の人はまだ認知症の事は分からないため、「うろうろして怖い」と苦情が出始めました。

そんなある日です。近くに住んでいるお孫さんがバイクを買い、おじいちゃんに見せに来ました。するとおじいちゃんは「こりゃ太かバイクやなぁ。特にタイヤが俺の乗っとったバイクの何倍もあるばい。こりゃ気を付けて乗らんばいけんよぉ」とお孫さんを心配するのです。ちゃんとお孫さんを分かっているのです。

しかも、「俺もバイクに乗ってところてんまた作らないけんたい」というではありませんか。
毎日、早朝から徘徊していたのは、ところてんを作ろうとしていたからだったのです。ちゃんと分かっているのですね。
なんだかその話を聞いたとき、心がほっとしました。

皆様いかがでしたでしょうか。今後も定期的に「介護のおはなし」を更新していきたいと思います。
介護のお話は、皆さんの実際の体験を元に作成されているものです。皆様のエピソードも当サイトに掲載してみませんか?
ご興味ある方はこちらまでご連絡を
koukennabi@gmail.com


関連記事

運動会球ころがし

認知症のおばあさんが孫の運動会を応援

台風で一日延期になった小学生の娘達の運動会。一年間楽しみに待っているのは子どもたちだけではないようで

記事を読む

はちみつのビン

はちみつで認知症の介護を決意

祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

記事を読む

掃除ほうき

認知症になったお隣のおじいちゃん

長年自治会長を務められたとお聞きしましたから人望と責任感がある方だったのだと思います。お隣の

記事を読む

手をつなぐ

二人の夫婦愛に感動

私が勤めていた、グループホームには様々な入居さんがいらっしゃいました。 その一人の女性についてのお

記事を読む

おばあちゃんの手

手をぎゅっと握りかえしてくれたおば

【第6話】で登場したおばのその後についての話です。 息子さん夫婦はおばが原因ではないようですが、不

記事を読む

no image

昼夜逆転のおばあちゃん

まもなく90歳になろうかというおばあちゃんの話です。 そのおばあちゃんは要介護も高く、車イス生

記事を読む

おじいちゃんおばあちゃんとまご

よい町の条件。介護施設のある町

自分の子育てに余裕が出てきたのを期に、仕事を始めるママ友が多いです。 特に介護施設。介護施設で

記事を読む

畑 トマト

認知症の伯父と結婚早々同居

三歳年下の従妹と一緒にいると心が和みます。 小さい頃から明るくて歌が好きでマイペース。親に怒ら

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

no image

レビー小体型認知症のおばあちゃん

認知症の中にはアルツハイマー型認知症と、レビー小体型認知症というものがあります。 今回はレビー小体

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑