いったんは見放されてしまったものの・・・

おばあちゃんと孫65歳過ぎになる女性の方の話です。その方は60歳までしっかり会社に勤めていた、いわば今で言うキャリアウーマンでした。
60歳で定年退職し、その後は息子さん夫婦と同居し、お孫さんの面倒を見ながら余暇を過ごしていました。

しかし今までバリバリに働いていた分、趣味もなかった方だったので段々と脳が縮んでいき、アルツハイマー型認知症になってしまいました。
早朝から家を出ていき近所をうろうろして帰れなくなったり、朝から落ち葉ひろいをして、それを片付けようと本人は思ったみたいで、落ち葉を燃やして消防車が呼ばれたりと家族は困惑と、疲れ果てていました。

そんな時、近くに認知症対応の施設が出来たため、入居されました。オープンしたてのところという事でもあり、施設はとてもきれいです。
でも周りは平均80歳のおじいちゃん、おばあちゃんばかり。そんな中65歳は若い方に入るので、「なんで私はここにいるの?帰ります!」と暴れたそうです。家族も疲れていたため、「家には帰さないで下さい」と、言われており施設側も大変だったそうです。

月日が流れ、施設にも慣れてきたころ、ある日、

「家に帰らなくちゃ!」

と言い出したのです。また始まったのか?とスタッフさんは思ったそうですが、話を聞くと、

「孫が帰ってくる時間なの。でも嫁は働きに行ってるから帰ってきて一人では可哀想だから行きたい」

と言ったそうです。家族にも連絡を入れ、スタッフ同行し、家まで行くことにしました。スタッフは住所わかるものの家は知らず、ナビで行こうとすると、その方は、「この道を右に曲がったら○件目がいえだから」と、ちゃんと覚えているのです。確かにその方の家でした。チャイムを鳴らすと、お孫さんが出てきて「おばあちゃんどうしたと?」というので「心配になって帰ってきたんよ」と伝えると、「僕は大丈夫だからおばあちゃんも早く病気治して帰っておいで」っていうんです。

そのことを家族に伝えると、毎日はきついけど、たまには連れてきてください。その方が子供にとってもおばあちゃんにとっても、いいことだと思うのでと言われたそうです。一旦は会いたくもないと言われていたのに、今では家族の休みの日などに少しの時間ですが、会われているそうです。


関連記事

おばあちゃんの手

覚えていてくれたんだね、お婆ちゃん

私の亡くなったおばあちゃんの話です。おばあちゃんは102歳という長寿でなくなりました。おばあちゃんは

記事を読む

赤い郵便局

認知症お世話になった方々

大学生の頃、都内の郵便局に勤める知り合いのおじさんがアルバイトとして私を採用してくれました。おじさん

記事を読む

はちみつのビン

はちみつで認知症の介護を決意

祖父は一人暮らしをしていましたが、認知症の症状が進み少々嫌がるのを説得して我が家へ迎え入れました。

記事を読む

no image

いつも無口なおばあちゃんが

80歳過ぎのおばあちゃんがいました。 ほとんど車イス生活で、手は使えるものの食事や排せつは、介助し

記事を読む

no image

初めて勤めた施設で出会ったおばあちゃん

私が資格を取って、勤め始めたときに初めて出会ったおばあちゃんについてのお話です。 そのおばあち

記事を読む

5月兜とこいのぼり

認知症になって兜を作り始めたおじいさん

我が家には女の子しかいませんが、五月の節句の兜が二つあります。と、言ってもデパートで売っている高額な

記事を読む

no image

昼夜逆転のおばあちゃん

まもなく90歳になろうかというおばあちゃんの話です。 そのおばあちゃんは要介護も高く、車イス生

記事を読む

畑 トマト

認知症の伯父と結婚早々同居

三歳年下の従妹と一緒にいると心が和みます。 小さい頃から明るくて歌が好きでマイペース。親に怒ら

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症の怖さ

92歳のおじいちゃんの話です。 そのおじいちゃんは一代で会社をおこして成功させた方で、会長までやら

記事を読む

手をつなぐ

二人の夫婦愛に感動

私が勤めていた、グループホームには様々な入居さんがいらっしゃいました。 その一人の女性についてのお

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑