認知症には乳製品が効果的というのは本当なのか!?

公開日: : 最終更新日:2013/12/03 認知症・成年後見人関連コラム

a0001_013991こんにちは。
今朝のニュースを見ていると、「認知症の予防には乳製品の摂取が良い」というのを目にしました。
その中では、乳製品の何が認知症の予防によいのかが詳しく説明されていませんでしたので調べてみました。

私の知る限りでは、今まで認知症のリスクを下げる食事は「地中海式ダイエット」と呼ばれるような食生活がが良いとされていました。
この地中海式ダイエットの主な特徴を次にまとめておきます。

・野菜と果物を多く摂取する
・シリアルやパンを多く摂取する
・ナッツ、ベリー、豆、芋類を多く摂取する
・オリーブオイルがメインの脂質源である
・魚、鶏肉、乳製品を少量たべ、赤身肉はほとんど食べない

これらをみると、乳製品の摂取はそれほど認知症のリスク低減には重要視されていないように思えます。
また、この地中海式ダイエットの食生活は研究として、認知症に効果的とされているのですが、シリアルやナッツ、パンなど、日本人の食生活にはあまりマッチしていないという問題がありました。

それに対して、今回の乳製品が認知症予防に良いという研究は、日本人の食事データに基づいた解析結果が使われているということです。
この研究は九州大学の研究グループが福岡県にある久山町の1006人の高齢者を15年以上も追跡研究した結果で、2013年5月に発表されています。

研究論文を読んだのですが、私には難しい内容でしたのでとても簡単に要約すると、

認知症リスクに関連があるとされている、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、ビタミンC、カリウム、マグネシウムの7種類の栄養素の多い食事を摂取している人と、少ない食事をしている人を比較してみると、栄養素の多い食事を摂取している人のほうが、認知症発症のリスクが低いということがわかりました。

ちなみにこの研究では、この7種類の栄養素がとりやすい食べ物を得点で評価しており、この点数が高いものをより多く摂取することが認知症予防につながりやすいとしています。その点数表を記載します。

DP1こちらを見ると、やはり緑色野菜や大豆に加え牛乳及び乳製品も効果的な食事とされていることが分かります。
その他海藻類や魚類、芋類などが上位に入っていることを見ると、日本人らしい食生活は認知症の予防に効果的であることがわかります。

一方で米類に対しては、マイナスの評価になっていますが、これはお米を食べること自体が悪影響があるのではなく、お米をたくさん食べることで、ほかの栄養素が摂取しづらくなることも影響していると研究では書かれています。

やはり大事なのは、栄養に気をつけながらバランスの良い食事をするということが一番大事ということでしょうか。認知症に良い食べ物だけをたくさん摂取するというのではなく、もう一度昔ながらの、「日本人らしい食事」を見直してみませんか?


関連記事

no image

認知症はどの診療科目の病院・クリニックで受診するのが正しいのか

こんにちは! 前回の認知症の「認知症の病院選びのポイント」では、認知症専門医の病院やもの忘れ外来が

記事を読む

no image

認知症 グループホームについて知ろう

認知症グループホームとは、認知症の方たちが共同生活を行う場のことです。「認知症対応型老人共同生活援助

記事を読む

no image

認知症の診察を受ける病院やクリニックを選ぶポイント

皆さんこんにちは。 皆さんはご家族が認知症になった時、どこの 病院やクリニックの診察を受けますか?

記事を読む

no image

アルツハイマー病(認知症)にはココナッツオイルが効く!?

アルツハイマー病(認知症)の予防や症状進行を食い止めるために、病院でお医者さんから、食生活の改善や指

記事を読む

バイオリンと楽譜

認知症患者に対する音楽療法の効果について

認知症を笑顔にさせる音楽療法の効果 認知症になった知り合いに共通することがあります。 知って

記事を読む

昼寝する猫

【昼寝をしすぎると認知症になる!?】

こんにちは。今回は認知症と睡眠時間について興味深い研究内容がありましたので、ご紹介します。 皆

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑