成年後見制度と銀行取引

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 財産管理・資産管理 , , , ,

成年後見制度 銀行取引今回は、認知症で判断能力が低くなった方の銀行取引についてのお話です。

以下は実際に認知症の方のご家族から寄せられた相談内容です。

 

 

ケース:認知症で銀行取引が難しい本人の代理

「最近、認知症の母の症状が進行し、自身で銀行に出向いたり、手続きを行ったりすることが難しくなってきました。どうしても母の銀行口座からお金を引き出す必要が出たため、母の代わりに銀行にいきましたが、引き出すことができないといわれました。

どうしても引き出す必要がある場合には、成年後見制度を利用してください、と窓口で言われてしまいました。」

 

本人に代わって銀行取引を行うには、成年後見制度の利用が必要です

回答:最近よく見られる事例です。本人が認知症の影響などで、銀行取引が難しくなった場合には、成年後見制度を利用が必要となります。

以前であれば、成年後見制度を利用しなくても、常連や顔見知りなどを理由に銀行取引ができた場合などもあったようですが、最近はほぼどこの金融機関でであっても成年後見制度の利用が必須となっています。

成年後見制度の利用申立てを行ってから、申請が下りるまでに、通常2~3ヶ月程度かかりますので、どうしても認知症の本人の口座で銀行取引が必要な場合には、事前に成年後見制度の手続きを行っておきましょう。


関連記事

お金に悩む男性

成年後見人の財産管理のまとめ【成年後見制度のお話:第42話】

成年後見人の財産管理業務の種類 成年後見人の財産管理については、何度か当サイトでもお伝えしてきまし

記事を読む

no image

資産がなくても成年後見制度を使うメリット

資産が少なくても成年後見制度は利用すべき!   今回は、資産がない場合でも成年後見

記事を読む

お金に悩む男性

後見が終了したら本人の財産はどうなるの?

後見が終了しても財産は後見人のものになりません 親族が成年後見人等になる際によく質問されることとし

記事を読む

財産管理と電卓

成年後見人と本人の財産管理

今までのコラムの中で、成年後見制度の歴史、成年後見制度の種類などを書いてきましたが、今回からは、もう

記事を読む

白い家

成年後見制度と不動産

今回は認知症の進行によって、財産管理が困難になった方の、不動産処分についてのお話です。 実際に

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑