成年後見制度と不動産

成年後見人 不動産今回は認知症の進行によって、財産管理が困難になった方の、不動産処分についてのお話です。

実際にきた相談内容を例にして解説します。

 

家族であっても、不動産は売却できない

「父が認知症の症状の悪化で、判断能力が十分にはありません。有料老人ホームに入居しているため、月々かなりのお金が必要なのですが、貯金も底を突き、年金収入も十分にないため、父名義で購入した自宅を売却することになりました。

そこで不動産販売会社に相談したところ、父名義の不動産は販売できないといわれました。」

 

本人名義の不動産は成年後見制度を利用しないと売却できません。

回答:不動産を売却する場合には、その不動産の所有者(名義人)でなければ、売却できません。

さらに、不動産を売却して、その登記を申請する場合にも、登記官や司法書士などの資格者代理人による、売主の申請意志の確認が必要になります。

今回の場合、不動産の所有者であるご主人は、認知症の症状により、すでに十分な判断能力がなく、申請意志の確認が十分にできないと判断されるため、不動産を売却するには、成年後見制度を利用して、家庭裁判所から選任された成年後見人が、代理で売買契約を結ぶ必要があります。

 

成年後見制度は早めの申立てが必要

今回のように、医療・介護サービスの費用が払えない状況になってから、成年後見人の申請を行ったのでは、かなり厳しいと思われます。

なぜなら、成年後見人の申立てから、実際成年後見人が任命されるまでには、多くの場合2~3ヶ月程度の時間がかかってしまうからです。

ですので、医療・介護サービスの費用と資産を早い段階で正しく管理し、必要に応じて早めに成年後見制度を利用することが大事です。


関連記事

お金に悩む男性

成年後見人の財産管理のまとめ【成年後見制度のお話:第42話】

成年後見人の財産管理業務の種類 成年後見人の財産管理については、何度か当サイトでもお伝えしてきまし

記事を読む

お金に悩む男性

成年後見制度と銀行取引

今回は、認知症で判断能力が低くなった方の銀行取引についてのお話です。 以下は実際に認知症の方の

記事を読む

お金に悩む男性

後見が終了したら本人の財産はどうなるの?

後見が終了しても財産は後見人のものになりません 親族が成年後見人等になる際によく質問されることとし

記事を読む

no image

資産がなくても成年後見制度を使うメリット

資産が少なくても成年後見制度は利用すべき!   今回は、資産がない場合でも成年後見

記事を読む

財産管理と電卓

成年後見人と本人の財産管理

今までのコラムの中で、成年後見制度の歴史、成年後見制度の種類などを書いてきましたが、今回からは、もう

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑