成年後見の法定選任の種類

 

 

 

ブラックジャック成年後見人の種類

成年後見人、保佐人、補助人

成年後見人制度で、被対象者を保護をする人物は、『成年後見人』と『保佐人』と『補助人』がいます。

ちなみに三つとも、法令文には「精神上の障害」と書かれていますが、認知症、知的障害、精神障害など総評して言っているので、精神障害でなければいけないということはありませんので安心してください。

 

『成年後見人』

精神上の障害により「事理を弁識する能力を欠く常況にある者」を対象とします。

『保佐人』

精神上の障害により判断能力が「著しく不十分な者」を対象とします。
保佐人は成年後見人と違い、特定の範囲での同意や取り消ししかできません。

詳しくは以下の通りです。
1.貸金の元本の返済を受けること。
2.金銭を借り入れたり、保証人になること。
3.不動産をはじめとする重要な財産について、手に入れたり、手放したりすること。
4.民事訴訟で原告となる訴訟行為をすること。
5.贈与すること、和解・仲裁契約をすること。
6.相続の承認・放棄をしたり、遺産分割をすること。
7.贈与・遺贈を拒絶したり、不利な条件がついた贈与や遺贈を受けること。
8.新築・改築・増築や大修繕をすること。
9.一定の期間を超える賃貸借契約をすること。

 

『補助人』

精神上の障害により「判断能力が不十分な者」のうち、後見人や保佐人の保護程度に至らない「軽度の状態」にある者を対象とします。
補助人は他とは少し違います。取り消しや代理の申立時に被補助人本人の同意が必要です。その代り原則として診断書等で鑑定は必要ありません。

何故このように三段階としているかというと、成年後見制度の基本理念により、簡単に言うと、「できることは自分でできる」必要があります。しかし、一言で判断能力に不安があると言っても、病状によって程度の差は大きく違います。そのために、三段階のクッションを敷いているわけです。

 

 

使用している画像について
© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web URL: http://mangaonweb.com/


関連記事

no image

職業後見人を選任する方法

職業後見人の活動について知っておこう   職業後見人は、司法書士、弁護士、社会福祉士

記事を読む

no image

成年後見人を依頼する人のまとめ

任意後見の後見人は誰に頼むべきか 任意後見は本人の意向で後見人を選びます 任意後見制度においては

記事を読む

ブラックジャック成年後見人と被成年後見人

成年後見人と被成年後見人

こんにちは。今回は「成年後見人」と「被成年後見人」についてお話ししていきたいと思います。 成年後見

記事を読む

no image

後見人の禁止事項とは

後見人を選ぶ時は本人が本当に信用できる人物を選びます。 それでも家族からしてみれば、状況によっては

記事を読む

no image

市民後見人の活動について

市民後見人の活動について知っておこう 今回は、市民後見人について詳しく解説します。 そもそも市民

記事を読む

no image

職業後見人利用時の注意点

職業後見人を利用する際の注意点を知っておこう   今回は成年後見制度の中でも職業後

記事を読む

no image

成年後見制度の種類

法定後見制度(成年後見制度)では、本人の判断能力のレベルに応じて、支援・サポートする人(後見人等)の

記事を読む

no image

成年後見人になるには資格が必要?

成年後見人になるために、特別な資格が必要ということはありません。しかし、誰でも成年後見人になれるとい

記事を読む

ブラックジャック法定後見と任意後見

法定後見と任意後見

法定後見と任意後見 成年後見人制度には二つの制度があります。 本人や家族、市町村長などの申し

記事を読む

no image

成年後見人の選び方

親族が高齢者ばかりの場合に成年後見人になる人は? 先日、初期のアルツハイマー型認知症の症状をお持ち

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑