成年後見制度の必要性

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 成年後見制度の歴史 , , , , ,

成年後見制度が必要なのはなぜか?

福祉制度の変化

2000年4月の介護保険制度、2003年4月からの支援費制度、2006年4月からの障害者自立支援法によって、これまでは、介護サービスの提供を行政が一方的にすべて決める「措置制度」でしたが、利用者が自ら利用するサービスを決定し、自ら事業者と直接的な「契約」をすることを軸とするものへと大きく変化してきました。

 

社会的弱者を守る制度の必要性

これらの改革は、個人が尊厳を持ってその人らしい自立した生活が送れるように、自己決定を尊重する方向性を定めたものではあるのですが、一方で、認知症や精神障害などにより、判断能力が低下し、契約締結能力が不十分なために、財産侵害、消費者被害などさまざまな権利侵害の問題を生み出す結果となってしまったのです。

こうした問題を解決するために、高齢者や障害者など権利を自ら主張できない人のために、その権利を代弁、主張、実現していく権利擁護(アドボカシー)のシステムとして、成年後見制度が導入されるいます。


関連記事

記事はありませんでした

PREV :
NEXT :

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑