法定後見と任意後見

法定後見と任意後見

法定後見と任意後見

成年後見人制度には二つの制度があります。
本人や家族、市町村長などの申し立てを受けて、家庭裁判所が選任する『法定後見制度』と、本人があらかじめ選任しておく『任意後見制度』です。

 

成年後見人は認知症になる前に選ぶのがポイント

簡単に言うと、判断能力がなくなって普段の生活にも支障をきたすようになったら止むを得ずに家庭裁判所に選任してくれと頼むのが『法定後見制度』で、本人が認識能力のある内に「私が判断能力がなくなったら君に託す」と選任されるのが『任意後見制度』です。認知症の場合は、記憶能力の欠落に伴い判断能力が徐々になくなっていくパターンが殆どですので、予め成年後見人制度を説明しておき、家族なり、その他の代理人なりを後見人に選んでおくように説得するべきでしょう。

 

任意後見制度と法定後見制度の契約方法は異なる

ただ、その際には信用ある人物でないといけないため、家族が後見人になっておきたいと思うのが殆どです。
財産の管理ができてしまうため、認知症ご本人にとっても、言い方は悪いですが、「遺産相続で自分の財産が譲渡されるのは家族。だから信用できる」という側面もあります。
『任意後見制度』で、後見人になるためには、まずご本人の信用を得ることがまず大切なのです。この際には、必ず『公正証書』で、自分の療養看護や財産管理について代理権を与える契約を結びまなくてはいけません。『法定後見制度』は家庭裁判所を経由しますので、家族であればそれだけで認められるというわけではなく、家族であっても明らかに問題がある場合は選任されませんが、問題がなければ家庭裁判所が選任をします。


関連記事

no image

任意後見監督人の仕事とは

任意後見監督人とは何をする人か? 任意後見人になると、任意後見監督人がつきます。 任意後見監督人

記事を読む

ブラックジャック司法書士成年後見

任意後見制度のメリット

任意後見制度を使うメリットとは   本人が後見人を選べるのが任意後見制度 任意後

記事を読む

no image

任意後見契約の「移行型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行

記事を読む

ブラックジャック成年後見制度の基本理念

成年後見人の基本理念

成年後見制度の三つの基本理念 成年後見制度には三つの基本理念が掲げられています。  

記事を読む

no image

成年後見制度の種類ってどんなものがあるの?

成年後見制度には大きく分けて2種類あります。 それが「任意後見制度」と「法定成年後見制度」です。

記事を読む

no image

成年後見の実情と必要性

460万人の認知症患者がいる実情と成年後見制度 日本既に超高齢社会となりました。政府の総務省統計局

記事を読む

no image

任意後見制度とは?

任意後見制度とは 判断能力が低下した後で契約を結ぶものが法定後見であるのに対し、任意後見は本人の判

記事を読む

ブラックジャック成年後見人の種類

成年後見の法定選任の種類

      成年後見人、保佐人、補助人 成年後見人制度で、

記事を読む

no image

任意後見契約の「将来型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行

記事を読む

no image

成年後見制度の種類

法定後見制度(成年後見制度)では、本人の判断能力のレベルに応じて、支援・サポートする人(後見人等)の

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑