成年後見の実情と必要性

公開日: : 最終更新日:2014/01/22 成年後見制度とは , , , , , ,

460万人の認知症患者がいる実情と成年後見制度

日本既に超高齢社会となりました。政府の総務省統計局によると、2013年現在高齢者の数は2980万人とされています。その総人口に占める割合は23.3%であり、と比べると、24万人増、0.2ポイント増と、人口とその割合共に過去最高となりました。その内、認知症であるのは約460万人であり、加えて軽度など認知症予備軍であるのも400万人いるとされています。この数は社会的にも見ても、決して無視できるものではありません。

 

成年後見人は30万人。圧倒的に不足している!

そして、認知症の家族の方には大きな苦労がでてしまい、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなるでしょう。それに対して、成年後見人になっている方は総計で約20万人から30万人とされています。殆どが医療的な対処にとどまり、法的な対処がされていない状況なのです。そうした家族の方には、もしかしたら成年後見人制度を「知らない」だけであって、本当は不安を抱えているだけかもしれません。

 

成年後見制度を知らないことで、認知症の家族が危険に晒されている!

その結果、認知症のご本人が詐欺に遭われたり、判断能力の減退によって福祉施設に入居するのも「恐ろしいところに入れられる」程度にか感じられず、ご本人が強く拒否することによって正当な福祉サービスを受けられない事態になるかもしれません。
まずは、制度を深く知ることから始めましょう。成年後見人制度は徐々に申し立て人数が増えてきて、今では年間、約3万人以上の方が申し立てを行うようになりました。守るために、安心のために、まずは理解をしてみましょう。


関連記事

ブラックジャック成年後見制度の基本理念

成年後見人の基本理念

成年後見制度の三つの基本理念 成年後見制度には三つの基本理念が掲げられています。  

記事を読む

no image

成年後見制度とは?

成年後見制度について詳しく知ろう 皆さんは、「成年後見制度」や「成年後見人」という言葉を聞いたこと

記事を読む

ブラックジャック成年後見人の種類

成年後見の法定選任の種類

      成年後見人、保佐人、補助人 成年後見人制度で、

記事を読む

ブラックジャック成年後見人と被成年後見人

成年後見人と被成年後見人

こんにちは。今回は「成年後見人」と「被成年後見人」についてお話ししていきたいと思います。 成年後見

記事を読む

ブラックジャック法定後見と任意後見

法定後見と任意後見

法定後見と任意後見 成年後見人制度には二つの制度があります。 本人や家族、市町村長などの申し

記事を読む

no image

成年後見制度の種類

法定後見制度(成年後見制度)では、本人の判断能力のレベルに応じて、支援・サポートする人(後見人等)の

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑