成年後見制度の種類

法定後見制度(成年後見制度)では、本人の判断能力のレベルに応じて、支援・サポートする人(後見人等)の権限の大小を変えることができます。
法定後見制度(成年後見制度)ではレベルに応じて「補助」「保佐」「後見」の3つに分類しています。
ここではそれぞれについて詳しく説明します。

①補助
支援する人:「補助人」と呼ばれます。
支援内容:不動産の売買や介護施設への入居など、支援される人が支援内容の範囲を決めることができます。

支援される人:軽度の認知症や知的障害、精神障害など、判断能力が3つの中では一番高い人が利用します。

②保佐
支援する人:「保佐人」と呼ばれます。
支援内容:基本的には保佐人があらゆる行為を代理しますが、重要な事項や契約については、支援される人によって取り消すことができます。

支援される人:中程度の認知症、知的障害、精神障害等を持った人

③後見
支援する人:「成年後見人」と呼ばれます。
支援内容:成年後見人があらゆる行為を代理します。

支援される人:重度の認知症、知的障害、精神障害等を持った人


関連記事

ブラックジャック成年後見人の種類

成年後見の法定選任の種類

      成年後見人、保佐人、補助人 成年後見人制度で、

記事を読む

no image

成年後見制度とは?

成年後見制度について詳しく知ろう 皆さんは、「成年後見制度」や「成年後見人」という言葉を聞いたこと

記事を読む

no image

成年後見の実情と必要性

460万人の認知症患者がいる実情と成年後見制度 日本既に超高齢社会となりました。政府の総務省統計局

記事を読む

ブラックジャック成年後見人と被成年後見人

成年後見人と被成年後見人

こんにちは。今回は「成年後見人」と「被成年後見人」についてお話ししていきたいと思います。 成年後見

記事を読む

ブラックジャック法定後見と任意後見

法定後見と任意後見

法定後見と任意後見 成年後見人制度には二つの制度があります。 本人や家族、市町村長などの申し

記事を読む

no image

成年後見制度の種類ってどんなものがあるの?

成年後見制度には大きく分けて2種類あります。 それが「任意後見制度」と「法定成年後見制度」です。

記事を読む

ブラックジャック成年後見制度の基本理念

成年後見人の基本理念

成年後見制度の三つの基本理念 成年後見制度には三つの基本理念が掲げられています。  

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑