任意後見制度のメリット

司法書士成年後見

任意後見制度を使うメリットとは

 

本人が後見人を選べるのが任意後見制度

任意後見制度は、事前に用意しておくことで、本人の意思で信頼できる人を選任することができます。そして、任意後見人の資格には欠落事項の制限がないため親族の他に、司法書士などの法律の専門家、福祉の専門家に依頼することができます。

 

任意後見制度の自由度の高い契約形態

その他にも様々なメリットがあります。
あらかじめ任意後見契約で要望を決めておけば、判断能力が減退した場合でも、本人が希望する生活を送ることができます。更に『将来型』『即効型』『移行型』など、自由度の高い契約内容で、今後の生活に安心感を与えることができます。

 

任意後見の将来型、即効型、移行型

『将来型』は将来、本人の判断能力が不十分となったときに任意後見契約を発効させるものである。親族が受任者である等の場合に利用されます。

『即効型』は任意後見契約を締結したあと、すぐに任意後見監督人選任申立てをして任意後見契約を発効させます。この際、任意後見契約を締結した時には判断能力があったのかという矛盾点ができますが、概ね緊急性を用いるということで認められているようです。

『移行型』は、本人の判断能力が十分な間は任意代理契約としますが、判断能力が落ちた時には任意後見契約へと移行させるものです。弁護士などが好無方法です。

 

任意後見制度を使用した時には、判断能力があるわけですから、こうした自由性のある契約を結ぶことができます。それによって家族にとっても本人にとっても法定選任よりも有益であることが多い状況を前もって作れるのです。


関連記事

no image

任意後見契約の「即効型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行

記事を読む

no image

任意後見制度の手続きについて知る

任意後見制度に必要な手続きとは 任意後見制度は自ら契約の手続きを行う 今回は任意後見制度の手続き

記事を読む

no image

任意後見制度とは?

任意後見制度とは 判断能力が低下した後で契約を結ぶものが法定後見であるのに対し、任意後見は本人の判

記事を読む

ブラックジャック法定後見と任意後見

法定後見と任意後見

法定後見と任意後見 成年後見人制度には二つの制度があります。 本人や家族、市町村長などの申し

記事を読む

no image

任意後見契約の「将来型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行

記事を読む

no image

任意後見監督人の仕事とは

任意後見監督人とは何をする人か? 任意後見人になると、任意後見監督人がつきます。 任意後見監督人

記事を読む

no image

任意後見契約の「移行型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑