任意後見契約の「即効型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行型」「即効型」「将来型」の3種類があります。

ここではそのうち、「即効型」について詳しく説明します。

任意後見契約のうちで、後見契約を結んだらすぐに任意後見を開始するものを「即効型」と呼びます。

即効型は、本人の判断能力がすでに何らかの原因が低下してきているが、契約を締結する判断は自身で持っている場合にのみ利用できます。すでに症状が進行している等で自身で判断能力を十分に持っていない場合には利用できないのでご注意ください。

この場合は、任意後見でなくとも、選択肢としては法定後見を選ぶことも可能です。
しかしながら法定後見を利用した場合は、事前に本人が自分の考えで支援を受ける範囲を決めることは困難なため、自分でどの範囲まで支援を受けるかというのを決めたい方はこちらの任意後見を選ぶ人もいるようです。

詳しくは司法書士に相談してみるのがよいでしょう。


関連記事

no image

任意後見制度とは?

任意後見制度とは 判断能力が低下した後で契約を結ぶものが法定後見であるのに対し、任意後見は本人の判

記事を読む

ブラックジャック法定後見と任意後見

法定後見と任意後見

法定後見と任意後見 成年後見人制度には二つの制度があります。 本人や家族、市町村長などの申し

記事を読む

no image

任意後見契約の「将来型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行

記事を読む

no image

任意後見監督人の仕事とは

任意後見監督人とは何をする人か? 任意後見人になると、任意後見監督人がつきます。 任意後見監督人

記事を読む

ブラックジャック司法書士成年後見

任意後見制度のメリット

任意後見制度を使うメリットとは   本人が後見人を選べるのが任意後見制度 任意後

記事を読む

no image

任意後見契約の「移行型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行

記事を読む

no image

任意後見制度の手続きについて知る

任意後見制度に必要な手続きとは 任意後見制度は自ら契約の手続きを行う 今回は任意後見制度の手続き

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑