「 認知症・成年後見人関連コラム 」 一覧

成年後見人の基本理念

成年後見制度の三つの基本理念 成年後見制度には三つの基本理念が掲げられています。   1.自己決定権の尊重 成年後見制度は、判断能力がない人の代わりに後見人が判断能力の代わりをするも

続きを見る

任意後見契約の「将来型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行型」「即効型」「将来型」の3種類があります。 ここではそのうち、「将来型」について詳しく説明し

続きを見る

任意後見契約の「即効型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行型」「即効型」「将来型」の3種類があります。 ここではそのうち、「即効型」について詳しく説明し

続きを見る

成年後見制度の種類

法定後見制度(成年後見制度)では、本人の判断能力のレベルに応じて、支援・サポートする人(後見人等)の権限の大小を変えることができます。 法定後見制度(成年後見制度)ではレベルに応じて「補助」「保佐」

続きを見る

成年後見制度の種類ってどんなものがあるの?

成年後見制度には大きく分けて2種類あります。 それが「任意後見制度」と「法定成年後見制度」です。 「任意後見制度」とは 今は元気で生活しているけど、将来が不安・・・ 将来的にじぶんで十分な

続きを見る

任意後見契約の「移行型」についてもっと詳しくなろう

任意後見契約の契約形態には「任意後見制度の種類ってどんなものがあるの?」でも書いているとおり、「移行型」「即効型」「将来型」の3種類があります。 ここではそのうち、「移行型」について詳しく説明し

続きを見る

認知症はどの診療科目の病院・クリニックで受診するのが正しいのか

こんにちは! 前回の認知症の「認知症の病院選びのポイント」では、認知症専門医の病院やもの忘れ外来がある病院・クリニックを選ぶのが一番良いということはお話したのですが、この認知症専門医やもの忘れ外来は

続きを見る

成年後見の法定選任の種類

      成年後見人、保佐人、補助人 成年後見人制度で、被対象者を保護をする人物は、『成年後見人』と『保佐人』と『補助人』がいます。 ちなみに三つとも、法

続きを見る

成年後見人になるには資格が必要?

成年後見人になるために、特別な資格が必要ということはありません。しかし、誰でも成年後見人になれるというわけでもないのです。 民法上では、成年後見人になれない人が定義されており、この定義に当てはま

続きを見る

認知症の診察を受ける病院やクリニックを選ぶポイント

皆さんこんにちは。 皆さんはご家族が認知症になった時、どこの 病院やクリニックの診察を受けますか? かかりつけの病院でしょうか?それとも知名度の高い大きな大学病院や国立病院でしょうか。意外と知られ

続きを見る

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑