成年後見人に払う報酬って?

成年後見相談

成年後見人に支払う報酬・費用は?

後見人は基本的には無償です。報酬はありません。しかし、家庭裁判所の審判で定めらた場合や、第三者が後見人に就任する場合などは、報酬を付与することができます。

法定選任で選ばれた場合もしくは任意後見契約後に報酬の請求が必要だと感じた場合には、後見人となってから、1年程度経過したら、報酬付与の申立を行ってください。そうすれば家庭裁判所が本人の財産の状況や事務量、そして後見人としての内容を総合的に勘案して、報酬額を決定します。

 

任意後見契約は裁判を経ず報酬・費用を決めます

ちなみに任意後見契約においては、支払額や方法を予め取り決めていれば裁判を得ずに報酬を得ることができます。これは被後見人本人との取り決めですので、自己意思の尊重の概念からそちらが優先されます。

また、定期的な事務以外の入院費の支払い等の突発的な事項に関しては、別の報酬規定をもうけることも有り得ます。この場合の報酬は契約書に基づきますので、最初の契約は第三者と契約する場合には十分に確認した上で行った方がいいでしょう。あくまでも本人の意思を尊重しますが、正常な判断能力があっても契約は頭を悩ます問題です。

 

任意後見人以外にも任意後見監督人にも費用がかかります

さらに、任意後見契約には、必ず任意後見監督人が選任されます。監督人の報酬も支払う必要があります。そちらも考慮しておいてください。報酬は被後見人本人の財産から支払うことになります。申立をした人や親族などが負担するものではありませんので安心してください。
ただ、申立て費用な報酬以外の経費は一切支払われませんので、注意が必要です。


  • 林 佑幸

    親族(被後見人の義息・長女の婿)が後見人に選任された場合報酬は支払われるのでしょうか?

関連記事

成年後見の費用ブラックジャック

成年後見制度にかかる費用

  成年後見制度を利用するときの費用! 成年後見人制度には、『申立書』『診断書

記事を読む

お金に悩む男性

成年後見人の報酬の決め方

成年後見人(法定後見)の報酬は裁判所が決定 成年後見制度(法定後見)の場合、その業務に応じて各家庭

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑