成年後見制度による家族の負担軽減

家族の負担軽減が一番メリットな成年後見制度

 

今回は、成年後見制度によってどのように家族の負担が軽減するのかということについて解説します。

家族の方が認知症を患った場合、その苦労はご家族やご本人にしかわからないかと思います。特に財産を多く持っている場合で、周囲からもご家族が認知症だと知られてしまっている場合、周囲の人が財産をどうにかしようとするのではないか、とか認知症の本人が不当な契約をさせられてしまうのではないかと不安にも感じるでしょう。認知症の家族を持たれた方にはこのような苦労や不安はつきものです。成年後見人制度はその苦労を軽減することができるのです。

成年後見制度によって具体的に軽減される例

成年後見人制度を利用することで、認知症の影響により判断能力が減退した本人の代わりに、成年後見人によって財産管理をして貰うことで、財産を守ることができます。不当な契約をする不安から解放され、またリスク軽減によって家族への被害を事前に食い止めることができます。そして認知症のご本人にとっても、判断能力が十分にないとしても、福祉サービスの利用契約ができるなどのメリットもあります。これは認知症の方を持つご家族にとっても大きなメリットとなります。介護施設へ入居させたいと考えても、認知症により判断力がなくなった状態では、通常では介護施設へ入居させることはできません。成年後見制度を利用して、それをクリアすることで、家族の負担を減らすことができます。

 

遺産相続についても成年後見制度利用と同時に決めておこう

そして、遺産分割協議ですが、これも認知症により、判断能力が減退するとあとあとで揉める原因となります。遺産分割をしようにも判断能力を失う前に遺書などを書いておかない限り、死ぬ間際になって遺産について揉めても、判断能力を失った本人にはその場その場での対応ができないからです。本人を前に、遺産について話すのは手が止まりそうになるかもしれませんが、大事なことですので、成年後見人制度を使うのと同時に、遺産についても決めておくといいでしょう。

成年後見制度や遺産相続については、司法書士に相談するのが良いでしょう。

 

成年後見制度を利用する時の手続き流れのまとめ


関連記事

事務作業

親族が成年後見人になるリスクとは?

成年後見制度の利用を判断する上で、問題になってくることとして必ず挙げられるのは、成年後見制度の利用を

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑