「 成年後見制度の種類 」 一覧

法定後見と任意後見

法定後見と任意後見 成年後見人制度には二つの制度があります。 本人や家族、市町村長などの申し立てを受けて、家庭裁判所が選任する『法定後見制度』と、本人があらかじめ選任しておく『任意後見制度』で

続きを見る

成年後見制度の種類

法定後見制度(成年後見制度)では、本人の判断能力のレベルに応じて、支援・サポートする人(後見人等)の権限の大小を変えることができます。 法定後見制度(成年後見制度)ではレベルに応じて「補助」「保佐」

続きを見る

成年後見制度の種類ってどんなものがあるの?

成年後見制度には大きく分けて2種類あります。 それが「任意後見制度」と「法定成年後見制度」です。 「任意後見制度」とは 今は元気で生活しているけど、将来が不安・・・ 将来的にじぶんで十分な

続きを見る

成年後見の法定選任の種類

      成年後見人、保佐人、補助人 成年後見人制度で、被対象者を保護をする人物は、『成年後見人』と『保佐人』と『補助人』がいます。 ちなみに三つとも、法

続きを見る

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑