認知症の原因を知ろう!

公開日: : 最終更新日:2013/10/02 認知症かなと思ったら ,

認知症はある日突然発症するように思われがちなのですが、認知症の原因となる病気というものが存在します。

認知症の原因は、基本的には脳の病気です。
日本人の認知症のうち一番多いのはアルツハイマー病で、認知症のうち約60%を占めていると言われています。

アルツハイマー病の次に原因として多いのが、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害と呼ばれるものです。
アルツハイマー病や脳血管障害による認知症は治ることはなく、アルツハイマー病による認知症の場合は、進行していきます。

そのほかには、下記のような原因も存在します。
 
頭部外傷:
頭部を強く打った際に一時的に低下し、その後に認知症の症状が現れる場合があります。この場合、認知症の症状は改善することはありません。

脳腫瘍:
脳腫瘍のできる場所によって、認知症の症状が出る場合があります。

低酸素・無酸素脳症:
何らかの原因で心臓停止等が起き、一時的に脳の神経細胞の酸素が不足することで、長期にわたり認知症が続くことがあります。

慢性硬膜下血腫:
頭蓋骨の内部に血腫ができることにより、運動障害、意識障害、認知症を引き起こす場合があります。

ピック病(前頭側頭型認知症):
生活や、性格の変化がみられるようになり、認知症が発症します。若年性認知症のひとつで、進行はとても早いといわれています。

レビー小体病:
パーキンソン病のような運動障害、認知障害、幻視というような症状が現れます。脳に異常な物質であるレビー小体が発生します。

パーキンソン病:
主な症状は歩行障害などの運動機能の障害ですが、パーキンソン病の症状が進行していくにつれ、認知症が発症することがあります。

アルコール性認知症:
アルコールを大量に摂取し、アルコール依存症になると、アルコール性認知症になることがあります。

進行性核上麻痺:
歩行障害、運動障害などの神経障害に加えて認知症を発症する場合があります。

変異性クロイツフェルト・ヤコブ病:
異常なタンパク質からできたプリオンによる伝染病で、神経障害のほかに認知症が現れます。日本では狂牛病で有名になりました。


関連記事

no image

認知症ケア専門士について

認知症の家族がいたり、仕事で認知症の方と関わる方にとっては是非とも知っておいていただきたい認知症ケア

記事を読む

no image

認知症はどの診療科目の病院・クリニックで受診するのが正しいのか

こんにちは! 前回の認知症の「認知症の病院選びのポイント」では、認知症専門医の病院やもの忘れ外来が

記事を読む

no image

認知症かな?と思ったら【認知症チェックシート】

認知症かな?と思ったら、実際下記のチェックシートでどれぐらい当てはまるかをチェックしてみてください。

記事を読む

no image

認知症の初期症状。こんな症状が出たら病院に行ったほうがいいかも

認知症は、高齢になるにつれて誰もがなりうる病気です。初期の症状としては物忘れなどが現れることが有名で

記事を読む

no image

認知症の診察を受ける病院やクリニックを選ぶポイント

皆さんこんにちは。 皆さんはご家族が認知症になった時、どこの 病院やクリニックの診察を受けますか?

記事を読む

no image

認知症ケア管理指導士について

認知症に家族がいたり、仕事で認知症の方と関わる方にとっては是非とも知っておいていただきたい認知症ケア

記事を読む

no image

認知症ライフパートナーについて

認知症に家族がいたり、仕事で認知症の方と関わる方にとっては是非とも知っておいていただきたい認知症ケア

記事を読む

認知症の種類

認知症とは

『認知症』という言葉はよく聞くと思いますが、皆さんは「認知症って何!?」って聞かれて答えられ

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑