認知症の方が排便をした記憶がなく、下剤を飲もうとするときの対応

認知症で、自分が排便をした記憶がなく下剤を飲もうとするときの対応、あなたなら?

わたしが働いていたところにいた90歳になろうかというおばあちゃんのお話です。
そのおばあちゃんは、認知症になる前から便秘や体調の不調があったため、認知症になってからも、その記憶が鮮明にあるのか、よくスタッフや、詰所に来ては病院に連れてってくださいと訴えがありました。一度家族と話をして、総合病院で検査をしてもらいましたが、腸が長い為、便秘はしやすいものの、特に異常はなく健康です。しかし、本人はその日はいいのですが、次の日から以前の様に訴えが続きます。下剤を処方されてたため、訴えがあったときには飲ませておりました。しかし、出てはいるものの本人は出てはいないというのです。

 

実際は排便しているのに、下剤を飲ませることは危険です!

そこで、スタッフで話し合いをしある提案が出ました。基本的に自立な方のため、トイレも自分で行かれ、水洗を流されるため、トイレに行ったら私たちは走ってトイレに行きます。そして、次に入るのを待っていたかのように装い、出てきたときに声をかけます。そうすると、短期記憶はあるので、状況を教えてくれます。そして、出た時には、ノートを作ったので日にちと、出たことを記入してもらいます。

 

認知症であっても女性としてちゃんと対応する!本人の確認と納得が大切!

そこでポイントなのは、同性のスタッフが行うことです。異性が聞くと、恥ずかしくて教えてくれませんでした。そして、訴えがあった時にはそのノートを見ていただき、今日は出たことを分かっていただくのです。私のいた施設にはお手製のカレンダーがあり、今日は何日ですと一目で分かるようにしているため、そのカレンダーの前で一緒に確認をすると納得していただけます。自分で記入していただくことも大事です。スタッフが書いては意味がありません。自筆であることで、「自分で書いているわね。」と納得していただけます。


関連記事

no image

認知症の方を施設に入所させた家族への対応

認知症のおじいちゃんを施設に入所させた家族対応、あなたなら? わたしが施設にいたときの話です。認知

記事を読む

no image

認知症でどうしても薬を飲みたいという方への対処方法

別のお話で登場した、認知症で排便の記憶がないおばあちゃんのその後のお話です。おばあちゃんとのやり取り

記事を読む

no image

認知症で徘徊を繰り返してしまう方への対応

認知症で徘徊を繰り返してしまう方への対応、あなたなら?   私の働いているデイケア

記事を読む

no image

食事を食べたのに食べていないという認知症の方の対応

認知症の方が食事をまだしていないと言った時、あなたなら? 認知症の方の中にはよく食べたのに、「今日

記事を読む

no image

オムツ外しを繰り返してしまう認知症の方への対応

夜間に必ずオムツ外しをする認知症の方への対応、あなたなら? 90歳過ぎになる認知症のおじいちゃんの

記事を読む

no image

認知症の方への言葉づかいでの失敗

認知症の方への対応での失敗例。あなたは大丈夫? 名前が覚えられない。すぐに返事ができない。認知症の

記事を読む

no image

突然人前でも服を脱いでしまう認知症の方への対応

人前で服を脱ぎだしてしまう認知症のおばあちゃん、あなたなら? 施設にいたおばあちゃんのお話です。そ

記事を読む

バイオリンと楽譜

認知症患者に対する音楽療法の効果について

認知症を笑顔にさせる音楽療法の効果 認知症になった知り合いに共通することがあります。 知って

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑