オムツ外しを繰り返してしまう認知症の方への対応

夜間に必ずオムツ外しをする認知症の方への対応、あなたなら?

90歳過ぎになる認知症のおじいちゃんのお話です。おじいちゃんは病院にいたのですが、私の施設に入所してきました。おじいちゃんの荷物を出していると、拘束着が出てきました。いわゆる、つなぎのようなもので手足が動かせないようにする、着たらミイラみたいな状態になるという服です。それは、原則的には使ってはならないものです。しかし、以前の病院ではオムツ外しが多いという事で着せていたらしいのです。

 

オムツ外しの対応法ではなく、オムツ外しの理由を考えよう!

私たちがいた施設では絶対に使わないというのをはじめから決めていましたので、夜間のオムツ外しは大変でした。しかも痩せていたためオムツがサイズが合わず、漏れてしまうんですね。そこで、私たちは考え、意味があって外しているという事だから、様子を見てみようという事になりました。わたしが夜勤の時、ビリビリと音がするので行ってみると、オムツを外そうとしていました。

おじいちゃんに聞いてみると、「なんか気持ちが悪いったい。しっこまいたい(おしっこをしたい)」というので、ポータブルトイレに連れて行ってみることにしました。すると、おしっこがちょこっとですが出ました。おじいちゃんは「すっきりした」と言ってすんなりオムツをつけさせてくれました。夜勤帯に何度もあることなのですが、その都度対応していくと、段々おじいちゃんのオムツ外しもなくなり、ぐっすり眠ってくれる時間も長くなりました。

 

理由はそれぞれ違います。認知症の方の気持ちを理解するよう努めましょう

どうやら、そのおじいちゃんの場合、寂しさが理由でオムツ外しをしていたようです。ストレス解消みたいなものでしょうか。夜勤帯、おじいちゃんが起きて外そうとするときは、そばに寄り添い、声掛けをすると外すのを止めます。認知症でも自分の気持ちはどこかで持っているものです。それを大切にしていくことが認知症と上手く付き合っていくことではないでしょうか。


関連記事

no image

認知症の方を施設に入所させた家族への対応

認知症のおじいちゃんを施設に入所させた家族対応、あなたなら? わたしが施設にいたときの話です。認知

記事を読む

no image

認知症で徘徊を繰り返してしまう方への対応

認知症で徘徊を繰り返してしまう方への対応、あなたなら?   私の働いているデイケア

記事を読む

no image

食事を食べたのに食べていないという認知症の方の対応

認知症の方が食事をまだしていないと言った時、あなたなら? 認知症の方の中にはよく食べたのに、「今日

記事を読む

no image

認知症の方への言葉づかいでの失敗

認知症の方への対応での失敗例。あなたは大丈夫? 名前が覚えられない。すぐに返事ができない。認知症の

記事を読む

no image

認知症の方が排便をした記憶がなく、下剤を飲もうとするときの対応

認知症で、自分が排便をした記憶がなく下剤を飲もうとするときの対応、あなたなら? わたしが働いていた

記事を読む

no image

認知症でどうしても薬を飲みたいという方への対処方法

別のお話で登場した、認知症で排便の記憶がないおばあちゃんのその後のお話です。おばあちゃんとのやり取り

記事を読む

バイオリンと楽譜

認知症患者に対する音楽療法の効果について

認知症を笑顔にさせる音楽療法の効果 認知症になった知り合いに共通することがあります。 知って

記事を読む

no image

突然人前でも服を脱いでしまう認知症の方への対応

人前で服を脱ぎだしてしまう認知症のおばあちゃん、あなたなら? 施設にいたおばあちゃんのお話です。そ

記事を読む

相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」


相続の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
遺言の相談ができる専門家探しのサイト「遺言相談の窓口」


成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」
成年後見の相談ができる専門家探しのサイト「相続相談の窓口」




PAGE TOP ↑